スポンサーリンク

どうもベトナム留学ドットコムの管理人です。

遂に2019年という事で、また一瞬で過ぎ去っていくであろう新年が始まりましたね。

このブログも6ヶ月目に突入という事で、僕自身はどんどん新しい事に挑戦をしていきたいと思っております。

何を始めるのか?!

  1. 有料の留学サポート
  2. 個人事業主or現地法人を作る

まだ具体的には未定ですが、学生をしながら起業をする方って物凄く多いので、チャンスを待つのではなくて、自分自身でどんどん掴んでいきたいです。

なので可能な限り出来そうな事は遠慮なく挑戦をしていきたいです。

ファースト・ペンギンになる事の大切さ


スポンサードリンク


皆さんファースト・ペンギンってご存知ですか?!

上の写真を見てもらったら分かると思いますが、名前の通り「1番最初に海へ飛び込むペンギン」の事をファースト・ペンギンと言います。

このペンギンの集団は、エサを求めて海へ飛び込もうとしているのですが、海の中にはサメなどの危険な生物がいるかもしれません。

だからペンギン同士が「お前が先に行けよ」と譲り合い、中には後ろから押すものもいます。

しかし1番最初に飛び込んだペンギンだけが大量にエサを食べれて、後からやってくるペンギンにエサ(利益)は残っていないのです。

このようなファースト・ペンギンの仕組みと同じで、指をくわえて何かを待っていてもチャンスはどんどん逃げていくと思います。

だからこそサメに遭遇するかもしれない覚悟を背負って、海に飛び込む勇気が時には必要になると僕は考えています。

例えば僕は台湾の名門大学を蹴ってベトナムの大学に進学したのも大きなリスクを取りました。

皆んなが右向け右で右に向かう時こそ、1人左を向くくらいの大胆な行動が必要になるのです。

このようにリスクを取った事で、現在僕はベトナムでブルーオーシャンを泳げています。

そこで今日の記事ではリスクを取る事の大切さ

取るべきリスク、避けるべきリスクなど、僕が考えているリスクの事や、事業を始めていきたい個人的な考え方などを皆様にシェアをしていきたいと思います。

気になる方はお読みください

この記事で紹介する事
  1. 必要なリスク
  2. 避けるべきリスク
  3. 多動力の時代
  4. 法人化か個人事業主か?
  5. 最後に
スポンサーリンク

必要なリスク

僕自身はブログでふざけた事も良く書いていますが、実は僕自身の性格は物凄く論理的で、基本的には損得勘定でしか行動しないほど合理主義者だと思っています。

なので取るべきリスクと避けるべきリスクなどは物凄く慎重に使い分けています。

最近取った大きなリスク

先ほども申し上げたように、誰もが「ベトナムなんかに行くの?!」って思うかもしれないですが、誰も向いていないからこそチャンスがたくさん生まれていくと僕は考えており

確かにベトナムに来た事は正直大きな賭けでしたが、結果的に良かったと感じています。

台湾の大学に行かないん?!って誰もが目を疑いましたが、僕自身は「自分はコロンブス」だと自分自身に言い聞かせて、自分の手でサンタ・マリア号の舵を取るつもりでベトナムに来ました。

アメリカ、オーストラリア、台湾などに多くの人が憧れて留学をすると思いますが、皆んなが向かっているという事は、それだけ競争が激しくレッドオーシャンになりやすいのです

しかし1人ベトナムに留学をした事で、現在は完全なブルーオーシャンなので、変なしがらみもなく同調圧力もないので、物凄くノビノビと勉強が出来ています。

ノーリスク・ノーリタンという言葉があるように、何も情報がない場所こそ実はチャンスがたくさんあって、道なき所に道を築いていけば良いと僕は考えています。

避けるべきリスク

僕自身は出会いは極力避けるようにしています。

出会いはリスク論

この件については賛否両論あると思いますが、特に日本人同士の出会いは留学生活において大きなしがらみになると僕は考えています。

例えば1番仲が良い韓国人を例に出すと、彼が言っているのが「僕は韓国人だから、みんなで行動しなきゃいけないし、皆んなが終わるまで待ってなきゃいけない」と話していました。

やはり韓国人同士のしがらみ的な同調圧力が物凄くあるようです。

やはり1度グループ的なものに属してしますと、集団行動的な同調圧力が生まれて、だんだんしがらみになっていき、放課後や土日なども常に一緒にいて、そこからなかなか抜けれなくなると思います。

それにグループを避けるような行動に出ると「アイツ意識高くない?」とか「最近付き合い悪くない?」などの変な圧力が生まれてくる可能性があるので、僕自身は留学先で僕が日本人である事をバレないように生活をしています。

なので友達はしっかりと選ぶべきで、誰でも彼でも仲良くするのはどうなのかな?と個人的には考えています。


スポンサードリンク

多動力の時代

現代は科学技術の時代で、オンライン授業などを通して様々な事が学べる時代です。

僕自身は大学に通いながら、時々英会話や中国語レッスンなどをスカイプで受講をしており、ブログを更新したり、日本語教師として働いたり、これから現地法人を作って色々と挑戦していくかもしれません。

色んな事に挑戦できる時代ですし、挑戦するには自分の時間が大切になります。

自分の時間を大切にする為にも、変なしがらみになるような出会いは避けていくべきだと僕は考えてて、例えば放課後に一緒に単語を覚えたり、勉強できたり、一緒に成長ができる友達なら大切にするべきですが

遊びに行こう、飲みに行こうなど、常に遊ぶことしか考えてないような人とは、極力距離を置いていきたいです。

多動力を活かして挑戦するという事は、物凄くエネルギーが必要になってきますので、本当に自分に取ってプラスになる人と仲良くすべきです

ただ自分に取ってプラスという事は、相手にもプラスにならなきゃいけません。

なので1番理想的な人間関係は「GIVE AND TAKE」だと僕は思っています。

法人化か個人事業主か?

様々な事を思いつく為に、とりあえず行動をしようと思って人材の募集をかけます。

ただベトナム人達は基本的に目先の利益しか考えておらず、日本人とベトナム人の力を合わせて、自分たちが作る価値を大きくしようと思っても、ベトナム人達は成功するか分かんないしと言って行動をしてくれません。

なので昨日再び人材募集をかけています。

1回3人集まって僕自身が描く構想を話して、いざやっていこうとなったのですが、あーだこーだ言って逃げていき、目の前にあるチャンスを掴もうとせずに、時間だけが無情にも過ぎていきます。

確かに何かに挑戦するには覚悟と勇気が必要になります。ただ覚悟と勇気を持って挑戦するから、何かしらの結果が手元に残ります。

なので、「成功の反対は挑戦をしない事」だと僕は思っており、最初から普通で良いと思っている人にリターンなど来るわけがないのです。

このような感じで2019年はあらゆる事に挑戦していこうと考えています。

最後に

僕自身は本当にベトナムに来て良かったと感じており、日本語教師の仕事もしていますし、このブログのpv数も月間1万pvを超え始めました。

クラスメイト達とも打ち解け始めて、色々と楽しいなーって感じますし、物凄く充実しています

確かに授業などは難しくて、大変な想いをしていますが、日本人が極端に少ない環境なので、周りの目線など気にせずに済むので、色んな事に挑戦して、どんどん失敗して、どんどん成長をしていきたいと思います。

2019年も気合いを入れていきますので、皆さま今後とも是非色々とよろしくお願い致します。

また更新します。

スポンサーリンク



業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事