スポンサーリンク

管理人
どうもハノイの大学に進学をしています管理人です

今日はいつもとは少し違う感じで記事を書いていこうと思い、内容はベトナム人女性の美人との恋愛についてです。

なぜこのような記事を書こうかと思ったのかと言いますと、昨夜1人のベトナム人女性とチャットをしていて、その女性から異性との人間関係の事で相談を受けました。

相談を受けている最中に「あ、、だから僕はダメなんだ・・・」と思う事があり、自分の意識の低さに少し反省をしており、このような記事を書くに至っております

管理人
ちなみにその女性とは今夜食事に行く事になっていますww

このブログをアップし終える頃に会います

この記事を読まれている方は、少なからずベトナム美人やベトナム人女性に興味がある方も多いと思いますので、非モテの僕がベトナムでモテるにはどうしたら良いのかを考えてみましたww

はじめに

ベトナムと言えばアジアの美人大国という噂まであるくらい美人の宝庫と呼ばれています

なので「ベトナム 美人」などで検索すると、日本人のスケベ男子達が書いているであろう記事がたくさんヒットしますよね

そんな美人が多いと言われているベトナムで僕は生活していて、時に美人と話す機会があるのも事実です。

それに僕も非モテ代表とは言え、心のどこかではモテたいとは思っています。しかし毎日【明日があるさ】を口ずさみ、過ぎ去る日々をただ過ごしています

このようにモテる為の努力をする気配がなく、白旗を掲げる準備段階にある為に、この戦局を打開する為に、どうやったらベトナム人にモテるのか考えてみましょう

なぜ僕が白旗を掲げるのか?

管理人
だってイケメンに勝てないもん
お金が減るの嫌だし
僕の服は全てユニクロの990円以下だしw

モテたいと思いながら、このように考え方がクソすぎるので、意識低い草食系の非モテの僕がどうやったらベトナム人女性からモテるのか?

自分なりに考えてみますので、気になる方は御覧ください

この記事で紹介する事
  1. まず最初に昨夜あった出来事で、今夜会う事に
  2. 第1に・オシャレに気を使ってみる?
  3. 第2に・ロマンを大切に?
  4. 第3に・嘘をついたらだめ
  5. 第4に・自分に自信を持とう
  6. 最後に
スポンサーリンク

まず最初に昨夜あった出来事で、今夜会う事に・・・

昨夜1人のベトナム人女性とチャットをしていました

そのチャットの相談内容なのですが、「中国人の男友達からSNSで友達から外された・・・凄い仲よかったのに」というものでした。

しかし、私自身は、しょーーーーーもな・・・・ってのが率直な意見でした笑

昨夜のやり取りがこちらです(なぜか中国語で会話してます)

管理人
SNSで削除してくるような馬鹿を相手にするのって時間の無駄じゃん、そこらへんに中国人なんかいっぱいいるんだから、ダメなら次から次へと切り替えた方が良いんじゃない?

私はこのように答えたのですが、このように答えた後に気がついた事が1つあります

相手の話を聴いてあげようとせずに、論理的に「〇〇だから〇〇で良いんじゃない?!」って感じに答えているのですが、多分多くの女性って理屈じゃなく、ロマンを求めているのかもしれないと思ったのです。

普通に考えると、こんな話をしてくるって事は、もっと自分に同調して欲しいと思っている場合が多いと思いますし、ベトナム人はロマンを大切にする人が多いように見える為に、しっかり話を聴いてあげる事が大切なのかな?と思いました。

しかし話はトントンと進んで行き

[アナタなら真面目そうだし信用出来そう・・私と会う?]と、このベトナム人が言ってきて

僕は「僕も嘘つきかもだよ?それでも良い?」

って感じで話が進み今夜会いますw

ベトナム人女性とは頻繁に会っている

相互学習の為に色んなベトナム人女性とは会っていますが、日本語が話せないベトナム人と食事に行くのは初めてです。

まあお互いに英語と中国語が話せますし、何度か電話などもしているので問題ないとは思いますが・・・

会うときは疲れた表情を出来ないし、物凄くエネルギーを使う為に、本心を言えばリアルよりもネット空間の方が好きです

ネットだとお金がかからないのでww

この考え方はダメですね、モテる為にやっぱりお金は使わないといけません

スポンサーリンク

オシャレに気を使ってみる?

出会いの第一印象は見た目で決まると言いますが、印象の良さを与える為にオシャレに気を使うべきなのかもしれません。

僕自身も女性からモテたいと思う気持ちはありますが・・・

僕はどうせモテないし、無理して出会いとかいらないし、人と会えば金がかかるし・・・

このようなクソ過ぎる考え方をしている自分がどこかにいます。

こんな考えなのでオシャレとか無縁な状態が続いてて、洋服はいつもユニクロで購入しています

ベトナム渡航前に購入した洋服がこちら

このようなTシャツに短パンでいつも行動している意識低い系男子なので、モテる為には着る洋服も変えなきゃいけないかもしれません。

昔はワックスなど使用し、少しは身なりに気を使ってましたが、今じゃワックスすら持っていません。

人の印象は初対面でほぼ決まると言いますので、やっぱり外見スペックをあげる事が大切だと思います

しかしもう気持ちがついていかないのも事実です

部屋から出るのも面倒で、アパートの徒歩5分圏内からはまだ1回しか出ていません

そのくらい「ダルい」>[欲望]になっています

モテたいという気持ちは嘘なのかもしれないと思い始めました。


スポンサードリンク

第2に・ロマンを大切に?

ベトナム人女性?

多分ベトナム人全般がロマンが大好きで、Facebookにロマンティックな写真を投稿したり、韓流ドラマをみて影響を受けており、ロマン的な人を演じれれば人気が出ると思います。

ロジカルの人は頑張って演じてください、雨の中を打たれながら追いかけるくらいの気落ちが必要かもしれません。

僕も頑張ります。

ロマンが好きなベトナム人

カフェでいつも勉強をしているのですが、ラブソングに合わせたPVがベトナムの若者に流行っており、ベトナム人の若い人達はロマンに憧れているのかもしれません

ミスター・ロジカル・マンの僕はロマンのロの字も持ち合わせておらず「旅行とか行きたいの?観光地なんかYOUTUBEで観たらいいじゃん、金かかんないし」などの失言を度々します・・・

もしベトナム人達に好かれたいのなら、僕自身は考え方から変えなきゃいけないのかもしれません

優しく、ロマンを大切にして、話を聴いてあげる、そして相手に同調をしてあげる

会話で自分の事をアピールするのではなく、相手の話題で盛り上がる事が良いと思います。

僕はその気になればロマン的な男性を演じれそうな気もしますが、心のどこかでロマンなんかの幻想が好きな人とか興味がないし、ロジカルな女性と出会いたいなどと高望みをしている自分がいます。

非モテのくせに高望みなので、最悪だと自分でも思います・・・

イケメンじゃない時点で人生詰なので、、、

やっぱり純粋に感動できるロマンを大切にし、頑張るしかないのかもしれません


スポンサードリンク

第3に・嘘はついたらだめ

1番はありのままの自分でいるのが良いのかもしれませんね。

僕の場合はありのままでいたら大変な事になりますので、とにかく笑顔だけは絶やさず接さなければと考えています。

やっぱり笑顔は相手に安心を与えます、そして相手の質問に笑顔を絶やさず正直に答える

1番大切な事は?

  • 相手をファーストに考える
  • 相手を不安にさせない余裕を持つ事
  • 相手が不快に思う事を言わない事

先ほどと同じ繰り返しになりますが、話題は女性が興味のある事で盛り上がる事です

相手の興味がある話題で、楽しそうに話を聴いて、安心をしてもらう

そこを意識して接するべきなのかな?と考えております。

自分に自信を持とう

相手の話を聴いてあげる事も大切ですが

何か自分に1つ誇れるモノがあると良いのかもしれません。

僕自身は英語と中国語が話せるので、多言語スピーカーとしてベトナム語を学習している事を誇りにしており、このように話すと驚いてくれる人が多く、良いインパクトも与えれているのかな?とも思います

相手にインパクトや良い印象を与えるモノを用意しておくと、相手に良い印象が与えれるのかもしれませんね

最後に

イケメンは何もしなくてもモテますよね・・・

失態して女性が逃げたとしても、すぐに新しい女性が飛び込んできます

これがイケメンの運命で、僕みたいな非モテのブサメンには願っても叶わない現実なので、ベトナム人女性に好印象を持ってもらうには自分自身を磨き、外面も内面も可能な限りスペックを上げなければいけません

非モテから脱却するには?と記事を書きながら考えてみて、色々と客観視出来たと思いますので、今日書いた記事の内容を今後少しづつでも実践出来たらと思います

    また更新しますのでよろしくお願いします

    スポンサーリンク



    業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

    アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

    リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

    日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事