スポンサーリンク

9月から僕はベトナムに正規留学に行く為に、長期間ベトナムに行く事になります

1年間〜4年間ベトナムに住む事になりますので、スーツケース以外にも日本から多くの荷物、をベトナムへ運ばなければいけません。

荷造りも頑張って少なくしたのですが、荷物が40キロほどになってしまい。

実際に僕も大量の荷物をどのように、ベトナムへ運ぶのか悩みました

今日の記事では大量の荷物をどのようにしてベトナムに送るのかを紹介します

この記事で紹介する事
  • 日本からEMSなどを使う?
  • 飛行機で全ての荷物を送る事は可能なのか?
  • なぜ韓国からのフライトを使うのか?

スポンサーリンク

EMSなどを使うべきなのか?!

今回の大学の申請などで何度もEMSを利用しましたが、紙数枚の申請書類の用紙をベトナムに送るだけで1回1400円かかりました。

あんだけ多くの荷物をEMSでベトナムに送るのは予算的に大変だと思いますので、諦めました。

今回僕は大量の教材(参考書)をベトナムへ持って行こうと考えています

365日毎日カフェに通い、TOEICや中国語の数字(試験の点数)をあげたいと思っている為に、結構な量の参考書をベトナムに運ぶつもりでいます。

(今現在送る為に準備しているだけでこれだけあり、更に増えます)

そこでEMS以外の国際郵便の事を調べてみたのですが、貧乏の僕に取って大変なので、とある方法でベトナムまで荷物を運ぶ事にしました。

スポンサーリンク

飛行機で全てを送る事は可能なのだろうか?!

飛行機のお預け荷物の重量オーバーはかなりのペナルティー金が課せられます

そこで今回安全に物資をベトナムに輸送する為に、独自の航空作戦を立案しました

先ず超軽量のスーツケースを購入しました

次に行った事

韓国からハノイの直行便を予約して、「荷物お預かりを最大40キロにする

(追加料金が7千円ほどですが、安全に荷物を運ぶ為に、やむなしです!)

なぜ韓国(釜山)からなの?

先ずベトナム航空が高いです!

そして大阪や福岡から釜山行きの夜行フェリーがあるので、フェリーで釜山に行きます

フェリーだと荷物の量は関係ないので、先ず釜山に夜行フェリーで行き、釜山から格安航空券を使用して、荷物重量を40キロまで最大化して、ベトナムに荷物を送るつもりです。

(釜山〜ハノイの航空券の合計2万円弱です)

効率面で考えたら、良いのか悪いのか分からないのですが、勉強、知識を詰め込むのに、参考書だけは「是が非でも」運びたいです。


スポンサードリンク

最後に

このブログは僕のように経済力のない方が、進学や留学をするにはどうすれば良いのか?をコンセプトに書いており、既にベトナムなどに在住されてたり、社会人などの出向などでベトナムに行かれる方にとっては、あまり役に立たない情報だと思います。

教育も資本主義で、お金のある方々が家庭教師などに「課金」など、どんどんおこない

やっぱり教育格差が貧困格差に直結しており、僕もその格差を物凄く感じている人間の1人です

経済力がない中で、どのような手段を持って事を進めていけばいいのか?!

ベトナムの生活が合わなければ、3年次編入で台湾の大学や、日本の大学に編入をするかもしれない事も考えなければいけません

起こりうる、あらゆる事を想定して物事を考えた時に、やっぱり合理的に、時には腹黒くもしたたかに、事を進めなければいけないなとつくづく思います。

こんな「ベトナム留学ドットコム」ですが、皆さま今後ともよろしくお願い致します。

スポンサーリンク



業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事