スポンサーリンク

どうもベトナムに正規留学をしている管理人です

今日はタイトルのように「留学中にハノイで起業は可能なのか?ベトナムでリスクを取る?」って内容を書いていきます。

以前日本では起業ブームが起こり、近年でもインターネットを利用した起業家がどんどん増えている印象があります。

学生時代に会社を立ち上げる若者も少なくないようにみえますし、僕自身はベトナムで起業は物凄くいけるんじゃない?って最近よく考えます

理由としては、日本人の市場価値が高く様々なアイディアが思いつくからです。

僕は現在大学1年生としてハノイに在住している為に、今後長ければ4年間はハノイに在住するかもしれませんし、ハノイに数年間滞在する事は、見方を変えれば大きなチャンスだと感じる為に、機会があれば正規留学の間にどんどん色んな事に挑戦していきたいです

基本的に無駄なリスクや人間関係のしがらみは避けますが、取れそうな利益は遠慮なく追求したいですし、成長していく為に必要に応じてリスクは取るべきだと考えており、最近よくハノイで起業したいなーと考えてしまう為に

今日はこのような記事を書こうと思いました。

この記事で紹介する事
  1. ビジネス・モデルは人のをパクれ
  2. 金になるから真剣になれる、ボランティアなんか糞食らえ
  3. ビジネス・パートナーは日米同盟から学べ、裏切り合うから面白い
  4. 最後に責任はしっかり取る
スポンサーリンク

ビジネス・モデルは人のをパクれ

今現在ハノイでやってみたいビジネスが1つあるのですが、それを実現する為に1番大切だと思う事は拘りを持たない事だと思っています。

利益を生む事が1番大切ですので、利益を生み出す事にフォーカスする場合、敢えて拘りを持たない事が大切なのかな?と思います

ハノイで起業をするなら成功者の真似をして型にハマっていく事を大切にしたいと思います

オリジナルなどの拘りを持てば私心や感情が動き、うまくいかない場合が多いと思いますので、ベトナムでもその他の国でも良いので、成功している人達の具体的なビジネスモデルを取り入れ、基本的には丸々パクれれば良いなーと考えてます。

パクっても保証はない

パクるって響はよくないですが、決して悪いことではないと思います。

ラーメン屋と同じで、ラーメン屋開業というビジネスを基本的に皆パクってますし、多くの人が他店舗の良いところを参考にしていると思います、それに人がやっている方法をパクった所で、うまくいく保証はないですし、全てを真似できるとは考えていません

  • 決済方法
  • 使用するソフト
  • 集客
  • ビジネスモデル

他人の方法をしっかりとパクって参考にしていけば全然可能性があると思います

具体的な考えは記事内では控えようと思います

スポンサーリンク

金になるから真剣になれる、ボランティアなんか糞食らえ

以前に「ベトナム人の大学生にボランティアとお金の話をしてみた」って記事を書きましたが、僕はボランティアなどはやりたい人がやるべきだと考えており、ボランティアなどには全く興味がありません

ただ商売はやってみたい考えており、商売をやる理由はお金の為にって人が主だと思います

お金になるかもしれないから皆真剣になると思います。

商売は競争社会の中で勝負しなきゃいけませんし

大切なのは「心を売ること」だと僕は考えており、お客様や利用者が、自分が提供する価値を受け取った時に、嬉しいだとか、楽しいという感情が沸き起こる

そのように購入者の心を動かす事が商売繁盛に繋がる、消費者が手にした時に嬉しいと思えるモノを提供する、それが未来への利益に繋がっていくと考えている為に、本質としては良い物を提供し購入者がお金を使う

供給者と消費者は常に「give and take」の関係にあるべきだと思います

お客様にお金を使っていただく為に、真剣に素晴らしいサービスを提供していく。

お金が動くから供給側も真剣になりますし、消費者側もお金を支払うから、良い悪いなどを口コミなどに評価してくれると思います。

ビジネス・パートナーは日米同盟から学べ、裏切り合うから面白い

ビジネス・パートナーは同盟国だと思っています。

例えば現在日本とアメリカは同盟関係にあり、日米同盟を締結しております。

しかしお互いの共通の利益が同盟維持になる事を忘れてはいけません。

日本に取ってアメリカは国家の安全保障上とても大切な国です、アメリカにとっても日本は太平洋の権益を守る為の重要な拠点として必要です。

このように日本もアメリカも共通の利益がある為に、お互いが大切にしあい、利害が一致している為に友好国でいれます。

現在は同盟関係にありますが。ただどちらかが裏切るかもしれない事を忘れてはいけません!

もし僕がベトナム人と一緒にビジネスをする場合、お互いに嫌いでも大丈夫です。

お互いに共通の利益の為に働く事が大切です。感情に惑わされず、お互いを利用しあい、利益を追求していく。

僕も裏切るかもしれませんし、裏切られるかもしれない、常にそれは頭に入れて起き、利益だけがお互いの同盟関係を維持できると考えている為に、誰かの為にではなく、お互いが自分の為に頑張る。

自分達が残す結果がお客様を満足させて、同盟維持に繋がる。このような考え方でいます


スポンサードリンク

失敗はつきもの責任はしっかり取る

この件に関してはビジネスだけではないと思うのですが、留学にしても起業にしても「何かに挑戦すれば失敗はつきもの」だと思っています。

no risk no return という言葉が存在するように、何かに挑戦しないと失敗という結果を手にする事はできません。

商売において失敗とは損失の事だと思います。

ベトナムでビジネスをした場合、失敗するかもしれませんし、その時にいくら損失を出すかは分かりませんが、逆に損失は仕方がない事だと思えば気が楽ですし

ドカンを出すには、やっぱりそれなりのリスクを背負うべきですので、今あるお金で出来るビジネスを考えた時に1つやりたい事がありますので、大学生活が落ち着いたら、ハノイで起業も視野に入れていきます。

今日もお読みくださりありがとうございます。

スポンサーリンク



業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事