スポンサーリンク

どうもベトナムに正規留学をしています管理人です

今回の記事では語学を伸ばす為に、留学先で日本人とつるまない方が良い理由を書いていきます。

今後海外留学をされる方に言いたいのが、「嫌われる勇気」を持ち、日本人を初日からガン無視する気持ちでいくべきとアドバイスをしたいです。

僕は大学の日本人の先生とすれ違っても挨拶せずにガン無視です。

このように基本的に僕自身は自分が日本人だと知られないように過ごしています。

何で留学先で日本人同士で話してはいけないのか?

ベトナム語留学だけなくて、英語留学や語学留学でデメリットととして立ちはだかるのが、留学先の日本人との人間関係だと僕は思っているからです。

何で日本人が留学先で英語が話せず苦手なのか?って事を論理的に考えて見ましょう

理由は1つ同調圧力だと思います

留学先でも発生するのが近所付き合いのような「しがらみ」って実はあると思います。

日本人同士のグループに1度でも入ってしまった場合は、もう抜けれないと思った方がいいかもしれません。

目に見えない同調圧力がどうしても働いてしまいます。

そして気がつけば、日本人から違う日本人を紹介され続けて、自分の周りが日本人だらけという状況になりがちなんですね。

もしそうなった場合は、遊びに行く時や食事するのも一緒だし、休日すら日本人同士でお出かけなんかになってしまい、何の為に留学をしているんだろう?!って悩んでしまう人は少なくないと思います。

毎週、毎週、「○○さんや○○君を誘ってパーティーしようぜ」ってなる恐れもありますよね。

人によってはこのようなグループから抜けれなくなるリスクがあり、気がつけば留学生活が終わっている場合もあります。

知らない間に自然と日本人同士の社会が出来上がってしまい、同調圧力が生まれて、周りの目を気にして、やりたい事が出来ずに疲弊してしまうのは嫌ですよね。

授業でも日本人がたくさんいると発言しにくかったり、目立つ事をしてはいけないのが日本社会特有の同調圧力なのです。

実際はもっと色んなことをやってみたいのに、日本人同士の同調圧力で思い切った行動ができない。

留学先であるあるだと思います。

スポンサーリンク

1度は入ったら抜けれない日本人社会

語学学習の為に留学に来ており、日本人はウザイからシカトしようぜ」って思いますよね?!

ただ実際はかなり複雑で、留学先の希望と現実はかなりの温度差がある場合が多いのです。

日本の同調圧力は、少数派の陰口を言ったり、排除しようとする傾向があり、確実に変な目で見てくる人はいます。

なので僕は自分が日本じだとバレないように生活をしています。

繰り返しになってしまいますが、留学先で日本人同士のグループに加入してしまうと、そのグループから抜けるのは物凄く大変なのです。

例えば僕の場合は、「○○曜日に日越友好イベントがあるけど参加しない?!」って誘われても、僕は行きません。

なぜならそのイベントで日本人の知り合いが増えるかもしれないからです。

それに、一度参加してしまえば、これからずっと誘われます。

なので最初から関わらない事が大切です

嫌われる勇気だけが同調圧力を跳ね除けます。


スポンサードリンク

嫌われる勇気が必要

日本人との関係を避け、距離をとるような行動を取ると、多分ですが何かしらの反発があると思います。

特に日本人は団体で行動しがちですしね。

それに「あいつ意識高くない?最近付き合いが悪くいよね」という陰口を言いながら、ディスってくる人達が生まれるのが世の中なのです。

勉強したいのに変な圧力はウザイですよね?

そういう人とは関わらずに、シカトでいきましょう。

僕自身は留学先で日本人と出会っても基本的には連絡先を交換しません。

理由としてはしがらみなど作りたくないので。

人脈としがらみ

人脈とは?

出会いは人脈というような言葉が存在しますが、これは能力や力がある人同士によって成立すると思っています。

僕みたいな意識低い系の能力も力も何もない人間が凄い人達に出会ったとしましょう。

その方々に「君に何ができるの?!何の利益を生めるの?!」って言われたら。

まあ僕に出来る事なんて何もないですよね、なので僕自身自分の身の丈に合った人達と出会えれば良いと考えており、クラスメイト達と楽しめたら良いかな?と考えてます。

しがらみとは?!

簡単に言えば意味のない人間関係の維持だと思います。

人間関係を維持するのにも、お金と時間が必要になります。

それに僕の時間も皆さんと同じ1日24時間で、その時間を大切に使わなければいけません。

僕がベトナムに来た目的は勉強をしに来ている為であって、遊びたいとか楽しみたいとか、そんな感情は基本的にありません。

なので僕にとって意味のない飲み会や、集まりに参加するくらいなら、カフェで単語を覚えてた方が良いと思っています。

やはり有限の時間とお金は本当に大切に使うべきで、自分が成長できる人と過ごすべきで、楽しさだけを求めるのではなく、一緒に成長できる友達を作るべきです。

留学とは将来への投資なので、将来の為に今日を大切に過ごしてください。

スポンサーリンク

自分の意思に従う事が大切です

先ほども述べましたが、留学とは将来への投資なので「自分が進むべき意思を大切にすべきなのです」

何で留学に来ているのか?

ベトナム語の能力を得るとどんな未来が生まれるのか?

ベトナム語を成長させる為に何をすべきなのか?

自分の能力を高める為に日本人グループに入って、しがらみの中で満たされない時間を過ごすのは時間の無駄になります。

時には思いきりの行動が大切で、出会い系アプリなど利用して、ネットを通して現地の友達を作るのも全然ありだと思います。

留学が終わった後に「もっとこうしてよけばよかった」と後悔するのは絶対に嫌なので、留学生活を良いものにするのも、結局は自分達の行動次第だと思います。

留学期間中に素晴らしい時間を過ごすためには、周りからの批判を恐れてはいけません。

時には嫌われる勇気が必要なのです。


スポンサードリンク

時には自分の感性を信じる強い心を持つ事

実は僕自身は日本人グループに所属していません

てかベトナムの大学なので、日本人が極端に少ないので笑

ただ何かあった時にお互いに助け合えるのが、日本人同士の場合が多いのかな?とも考えたりします。

長い海外留学生活を経験する事が初めての人にとっては、分からない事が多いのも事実で、そんな時に頼れる存在になるのが、母国語同士だと思います。

時には仲間達と一緒にクラブなど行き、夢を語り合ったり、女の子をひっかける事に夢中になったり、共に旅行に行ったり。

やっぱり人生において素晴らしいモノになるのも事実です。

僕はクラスメイトの日本人とはとても話しますし、プライベートでも仲良くしています。

ただ流されてしまったり、依存してしまい、毎日つるまなければ問題ありません。

最初の留学の目的をしっかり忘れずにいる事が大切なのです。

その為にも、自分の感性を信じる強い心を持つ事が大切だという事です。

最後に

見方を変えた場合、日本人の留学生の友達は大切です。

海外に自分の時間とお金を投資しており、お互いに成長しあう事で未来の繁栄に繋がっていきます。

ただいやいや日本人のグループに所属し、しがらみの中で生活する必要はないと思います。

有限の時間とお金は2度と戻って来ないので、付き合っていく人も厳選し、しっかりと大切にお互いの時間を大切にしあえる友人を見つける事が大切で、そのような友達なら日本人でも大切にするべきだと個人的に思います。

今日はこのへんで終わります

読んでくださりありがとうございます。

スポンサーリンク



業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事