【悲報】ベトナム人に裏切られた話を大公開。

詳細はこちら
【年間学費13万円】タンロン大学の見学に行ってみた〜入学方法など紹介
スポンサーリンク

管理人
どうもベトナム留学ドットコムの管理人です

このブログは、サイト理念にも書いておりますが、貧困による進学問題を解決したいという想いから始めました。

なので今回は、年間学費が13万円のタンロン大学について紹介したいと思います。

現在私は年間学費が23万円のハノイ大学に在籍していますが、タンロン大学は年間学費が13万円です。毎月1万円程度の学費で勉強する事が出来るって凄いですよね。

年間学費が23万円でも安いですが、タンロン大学の年間学費13万円は本当に安いです。

タンロン大学ってどんな大学?

  • ハノイの慶應大学
  • お坊ちゃん・お嬢様が多い
  • 年間学費が13万円
  • 旅の指さし会話長ベトナム語の作者の母校

タンロン大学は私立の名門大学で、旅の指さし会話長ベトナム語の作者・池田浩明さんなどが在籍していた事で有名な大学です。

池田浩明さんの本


これまでハノイ大学についてたくさん紹介してきましたが、今回はタンロン大学について紹介をしていこうと思います。

入学条件や学部の事などを可能な限り紹介していきますので、気になる方は是非お読みください。

スポンサーリンク

タンロン大学は私立大学なのにどうして学費が安いの?

タンロン大学は私立大学なのですが年間学費が13万円となっております。この金額はハノイ大学や国家大学と比較しても物凄く格安となっております。

確認学費を比較してみよう

  • ハノイ大学:年間23万円
  • 国家大学:年間23万円〜35万円
  • タンロン大学:13万円

私立大学=高いというイメージがありますが、見て分かる通り、タンロン大学の学費は他の大学と比較しても格安となっております。

どうして学費が安いの?!

最初に結論を言いますと、タンロン大学の場合、ベトナム人の大学生と同じ学費で通う事が出来るのです。

しかしベトナム人の目線で見ると、年間学費13万円は高いです。なぜならハノイ大学の年間学費が8万円〜10万円程度だからです。

つまりハノイ大学や国家大学は、外国人料金の学費を設置しているのです。

タンロン大学は外国人料金が存在しない為に、ベトナム人と同じ年間13万円で通う事が出来ます。

オススメの学部は何?

学部は看護などたくさんありますが、外国人が入学するにあたって、英語学科か中国語学科がオススメだと思います。

その理由は、ベトナム語で専門を教わるのは物凄く大変なので、英語学科や中国語学科などの語学の学部の方が学びやすいのかな?と思います。

スポンサーリンク

タンロン大学の入学条件は簡単なの?

私は実際にタンロン大学のオフィスに行ってお話を聞いてきました。なので最初に結論を申しますと、外国人は誰でも入学が可能です。

ハノイ大学と同様に入学試験やベトナム語の能力試験の証明などは必要がありません。

ただハノイ大学とカリキュラムが違う部分もありますので、色々と紹介をしていきます。

入学申請には何が必要なの?

  • 高校の卒業証明書
  • 高校の成績証明書
  • 銀行口座の残高など

基本的にはハノイ大学と同じような入学手続きとなりますので、気になる方は下の記事をお読みください。

入学申請方法はこちら
スポンサーリンク

タンロン大学に入学するメリットとデメリットは?

これまでは年間学費や入学申請方法などを紹介してきましたが、次はタンロン大学で勉強するのはオススメなのか?という事を紹介していきます。

確認最初にタンロン大学がオススメな人とは?

  • 既に大卒を持っている人
  • ベトナム語がペラペラな人

なぜこれらの人達にオススメなのか?紹介していきます。

タンロン大学のメリットは何?ベトナム語がペラペラな人にオススメ?

先ほども紹介しましたが、年間学費が13万円はメリットと言えるでしょう。

そして、既に大卒を持っている方や、ベトナム語がペラペラな人達にオススメです。理由は学生の99%がベトナム人だからです。

大卒を持っている人は卒業できなくても問題がないので、全てベトナム人の環境の中で生活が出来ますし、オススメだと思います。

ベトナム語がペラペラな人達も同様でベトナム人達と一緒に学ぶ事が出来ます。

しかし、ベトナム語が上手ではない方にはオススメしません。

タンロン大学のデメリットは?

タンロン大学のデメリットは、ベトナム語でホーチミン思想などを学ばなければいけません。

英語学科や中国語学科に入ったとしても、必須科目で社会主義やホーチミン思想をベトナム語で勉強して、単位をしっかり取らなければ卒業が出来ないのです。

ハノイ大学などは、このような必修科目がなく、外国人専用のプログラムが用意されている為に、卒業を意識する場合はハノイ大学などの方が良いかもしれません。


スポンサードリンク

タンロン大学の校舎などを写真で紹介

正門の写真です。ハノイ大学からバイクで10分程度の距離となっています。
タンロン大学のホール。卒業式やイベントなどに使用されるホールです。この写真は中国語学部の学生達が何か準備をしていました。
校舎内の写真です。タンロン大学は私立大学なので、規模はそんなに大きくありません。ただ私立大学としては物凄く有名なようです。

食堂やカフェの写真です。タンロン大学は正門の近くに食堂があり、2回がカフェとなっています。

最後に

皆さんいかがでしたか?

今回は年間学費13万円のタンロン大学を紹介してみました。

今後はハノイ大学以外にも、国家大学や貿易大学などにも見学に行ってみて、ブログに紹介していきたいと思います。

また更新をしますので、今後ともよろしくお願い致します。



スポンサーリンク
業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事