管理人
ベトナム関係者の皆様、お世話になっております。

ベトナム日本交流会 on facebookの皆様に御報告があります。

 

私が1人の男性と揉めた事で、多くの方々に、御迷惑をかけてしまい大変申し訳ありません。

このブログにて、皆様にお詫びや詳細などの、御報告をさせて頂ければと思います。

スポンサーリンク

管理人
どうもこんにちは管理人です

昨日ベトナム領事館から学生VISAを頂きました。

10日後に日本を出国する為に、今日は留学前に感じている、ベトナムに対する個人的な印象や、大学の留学生担当者とのやり取りを、包み隠さず公開したいと思います。

僕自身は基本的にはロジカルにモノを考え行動しますが、今回大学手続きをしている時、途中から大学の留学担当者に対して、あえてトランプ(恫喝)外交のように【感情論】に切り替えて対応をしました

文化の違いが原因なのかも知れませんが、驚きを持って受け止める事が出来ずに、メンタリズムを使って相手の首根っこを掴む事をしました。

このような事を踏まえて、今現在僕がベトナムに対して思っている事、留学への不安などを素直に書いてみようと思います。

記事を読んでて、途中不愉快に思われる事もあるかもしれませんが、「あくまで留学前の印象なのです

何卒御了承ください、もちろん日本ではない事は承知しております

スポンサーリンク

ベトナムに対する印象は正直どうなの?!

全体的な印象に対しては50:50です

Skypeの先生など良い人もいるし、今後の経済成長、マクロ経済での日本との結びつきなど、期待値として良い面も見ています。

ただ今回の留学担当者の印象が悪すぎて、途中から「感情論」で、トランプ大統領ように恫喝外交に切り換えて、僕も戦略的に「トマホーク」(艦砲射撃)を撃ち込みました。

留学担当者ってどんな人だった?!

本物のサイコパスに出会った印象です!笑

大学の留学担当者って、国際留学生にとっては、その大学の顔になります。

その顔の部分の印象が最悪でした

最初にメールを送ったのが3月19日です

4年間の正規留学に興味があり、どのように申請したら良いですか?!」って送信したのですが

返事が返って来ないので、3日後にFACEBOOKのmessengerを使い、大学に直接問い合わせると、今回のその留学担当者を紹介されました。

留学担当者からは、[あーごめん、返事忘れてた!]って返信を受けて。。。。。

この1回だけなら良いのですが・・・・・・

僕のベトナム人の先生が、大学のオフィスに1日中、何回も電話しても、電話に出ない、10回目でやっと電話に出たと思ったら「メールで用件を言って」とだけ言われ、電話を切られました。

返信も内容が日に日に、酷くなると言いますか、ベトナム留学に行きたいけど、不安になる一方だったので、6月28日の1日だけハノイに行き、直接この担当者に会ってきました。

(台湾高雄経由でハノイへ)

直接会った事で印象が更に最悪へ


スポンサードリンク


メールで行くと伝えてたし、相手が午前中に事務所に来いと言うから、午前中に事務所に行くと、案の定、無愛想過ぎました!笑
オマケに「ちょっと忙しいから、3時間後に来て」って言われて・・・

3時間後に来いと言われたら従うしかないので、その間に大学を見学したり、3時間カフェで時間を潰したりして、カフェで時間を潰している時に、在日ベトナム人の友人にメールした内容がこちらです

直接会った時も物凄く無愛想で、笑顔もなく、ホスピタリティー精神はゼロでした(あくまで僕の印象です)笑

メールのやり取りで、担当者を不愉快にさせてた可能性も想定されます

ここからが更に酷い

やっと話ができると思い事務所に行くと、衝撃の一言が待っていました!笑

何を聴きたいの?!・・・書類?!・・外に出たら翻訳する場所があるから、そこに行ってベトナム語に翻訳して来て!」と言われて・・・

せめて翻訳センターの場所まで案内しろよ、2分もかからないだろ、「日本からわざわざ来たというのに」と言う感情論を押し殺し、色んな人に翻訳センターまでの道を訊ねながら、無事に翻訳センターに辿り着きました

時刻は昼3時くらいでしょうか?!

翻訳センターも「いきなり過ぎるよ」って感じだったのですが、僕の帰国フライトが夜だったので、料金は高額で良いですから、今大至急にベトナム語に翻訳してくださいとお願いしました。

ここの翻訳センターと仲良くなって、FACEBOOKで友達になってたのが、後に「僕の命を繋ぐ事になります

冷酷非道の通達

日本帰国後にEMSでベトナム語に翻訳した書類を担当者に送ると

書類は届いたけど、スタンプがないから却下」と担当者から返事が来ました!笑

急いで翻訳センターと留学担当者をグループチャットで繋ぎ、翻訳チームに「スタンプ押して」ってお願いをして、そこの問題は解決しました!

問題は更に続く

次は健康診断にイチャモンが入りました

黒インクはダメだ、赤いインクでスタンプを押せ」とお叱りを受けて!笑

健康診断を受けた病院と連絡を取り、病院側から大学に連絡をしていただきました

(病院側の返信)

病院はかなり遠く、1つのスタンプの為に、片道20キロの病院に行き、新しい健康診断書類を貰い。再びEMSで送りました。

マニュアル的に担当者は正しい事をしている事は分かるのですが・・・・

厳しすぎます

ただ留学担当者の気持ちも分かります、1人でたくさんの留学生を管理しなきゃいけないですし、日本人のような真面目な国じゃないと言ったら、表現が悪くなりますが。

過去に書類の改ざんなどして、申請してくる人もいたのかもしれません

しかし、これらの鬱憤が僕のサイコパスに火をつけていきます

スポンサーリンク

僕のトランプ(恫喝)外交の始まり

苦難の書類手続きが終わり、入金も無事に終えました

しかし入金確認の返事が来ないです

結構厄介な担当者だなとは、最初から思ってはいましたが・・・・

これまでの、うっぷんが溜まってる上で・・・・・

担当者から4日も入金確認の返事が来ない・・

ここから僕も「サイコパス・メンタリズム」での反撃を開始します

反撃の狼煙は?!

まず人間は評価を気にします。

周りから良く思われたい、評価をきにするから、頑張り行動します

その心理を利用し、留学担当者の評価をネット上で至る所に1つ星をつけ、「最低最悪な担当者」だとコメントや文句をたくさん書き込みました!

大学のタイムラインなど、多くの人が見ている場所に、いわゆる「誹謗中傷」を書き込みました

ふざけてんのかーーーー?!
金も払ってんだぞーーー
このポンコツメーー
お前1つ星だーーー

大学とは全く関係のない場所にまで、いわゆる荒らし投稿をしまくりました!笑

この担当者も焦って、すぐに返事をして来て、謝罪をして来ました!

担当者から、すぐに謝罪が来たので・・・・

いったんは、書き込みを全て消しました・・・・・


スポンサードリンク

しかし、ここから僕のトランプ外交が本格化します

論理的に感情論を採用しました

論理的に感情論?メンタリズムを使った事は後に説明をいたします!


↑↑は8月14日までにビザの書類を送ると言ってたのに、8月15日の終戦の日になってもビザ申請の書類が届きません

終戦の日の玉音放送のように、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、終戦に甘んずるか?ちょっと考えましたが!

警告⚠ミサイルを撃つことに決めました

戦いはこれからだ、火蓋を切って落とせー」という感じで、再び投稿開始!

次はベトナム語で再び大学のタイムラインなどに、文句を言い放ち、担当者の写真をアップしてから、インターナショナルオフィスとは関係ない場所にも、「どうなってるんだ?!このポンコツー」って文句を言いまくりました。

あえてクレーマーになりました・・・

至る所に、担当者の顔写真をあげて、これまでの経緯や担当者の人間性批判などをベトナム語で感情で訴える形で投稿して、色んなベトナム人に見てもらう事で、担当者に牽制を入れました。



スポンサードリンク

なぜトランプ外交なのか?!

単純に留学中のサポートを期待できないからです

何かあった時の相談役や、サポートとして期待が出来ないですし、これまでの経緯を見てても、何か困ってお願いをした時に、動いてくれない事が予想出来ます

それなら逆に「感情論」で訴えて、周りのベトナム人に監視してもらった方がいいなと思い、このような過激な手段を取りました。

いわゆる「抑止力の原理」です

担当者も書き込みを消してくださいと言ってて、まあ消してないですが・・・・

逆に

[僕ブログを書いてて、大学生活を皆んなにシェアしたいんだ!!]って書き込みをしてみたり、渡航前から、メンタリズムで変な駆け引きが始まってます。

ただ僕自身、自分を客観視出来てなくて、僕にも落ち度は至る所にあると思います。

最後に

今日のこの記事は、あくまで僕目線のものです。

僕の感想であり、感情であり、留学担当者とのやり取りで、僕が受けた印象を書いてます

本当は大使館でのビザ申請でも担当者と、一悶着がありました。

ただ仕事上、担当者は間違えてないと思いますし、僕も自分が正しいとは思っていません。1つ言える事は「人間は感情で動く」って事だと思います。

これから正規留学する上で、お互いに信頼を築けていけたらいいのかな?!とは思っています

逆に僕自身は日本人として、日本人の顔(イメージ)になりますので、悪い印象を与えないように努力致します。

今日は皆様が不愉快になるような内容の記事だったかもしれません

それでも最後まで読んでくださりありがとうございます!

また今後ともよろしくお願い致します。

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事