スポンサーリンク

どうもベトナム留学の先駆け者・管理人です。

僕はこうみえても本を読むのが好きで、ベトナムに入国してからも、Kindle版の本をたまに購入して読んでいます。

なので今日は僕がベトナムに入国して、1番最初に購入をした本を紹介していきたいと思います。

最初に本のタイトルを紹介しますと、「東大に入りたきゃ塾に行くな!賢い大学生になるために」というタイトルで

林 俊介さんという方が書かれた本です。

東大に入りたい。そう志す受験生は多いはず。

で、そういういう人は塾に行きます。「東大コース」的なものがある塾は結構多いですからね。もちろん、それも一つの手段だと思います。

でも、僕は反対です。

塾に行けば、最適な教材と最適な授業が与えられる。だから確かに合格しやすい。でも、そうした温室育ちの受験生は、東大に入ってからかなり苦労することになります。

独学は辛いですが、その分誰にも負けない学力がつきます。

筆者は、小学生のころに塾に通って以来、一切塾には通いませんでした。それでも理科三類のボーダーを超える点数で東大に合格し、いまも学科で優秀な成績を納めています。

東大に合格し、かつその後も活躍するにはどうすればよいか。
この本を読めば、それがわかります

この方は塾などには通わずに現役で東大に合格されて、センター試験に置いては宇宙人と呼ばれる理三の合格点を取られたとの事で

これから日本の未来に欠かせない、日本の宝石の1人になると思います

スポンサーリンク

この本を購入した理由

たまたまTOEICの試験を受けた日が同じで、僕がTwitterのハッシュタグから林さんを見つけて、試験お疲れ様でしたーのようなコメントをしたらフォローをしてくださり、僕もフォローを返させていただき。

そこから林さんとちょくちょくTwitterなどで絡まさせて頂いてるのですが、ベトナムに来てから林さんのブログを読んでいたら、「本を出版する」と言うような事を書かれてて。

僕も気になってGoogleで「林 俊介」と検索したらAmazonで既に数冊の本を出版されており

先ほどの「東大に入りたきゃ塾に行くな!賢い大学生になるために」という本を秒で購入しました。

本は勉強の為の生活習慣の大切さや、マインド的な事が紹介されてたり、「何で塾へ行くべきではないのか?」、「何で」をしっかり説明されているので

読んでて物凄く「なるほど」「確かに」と納得できとても面白かったです。

なので東大受験をされない方でも、勉強する為に参考になる事が多々あり、読んで損はない一冊だと思います。

ドラゴン桜が大好き

もともと僕は東大受験の漫画、「ドラゴン桜」が大好きです。

ドラゴン桜とは?!

ドラゴン桜という漫画は、3流高校のバカとブスが1年後の東大合格を目指す作品なのですが、林さんは東大生なので、まさにドラゴン桜の人じゃないですか?笑

それはそれは僕もテンションも上がってしまいますよ笑

ちなみにドラゴン桜を読んで、なぜか僕もドラゴン桜がしたくなって笑

ヨッシャー、半年後に台湾の国立大学に合格したろー」言うて、勢いで台湾にワーホリで渡航したのですが

ドラゴン桜をするには、設定を底辺にする必要があるので笑

物凄くバカ丸出しの底辺ポンコツ自慢ブログを書きながら、語学学校にも通わずに、独学で台湾の2つの国立大学に合格を出来ました。

結局はベトナムの大学に進学をしましたが笑

まあHSK5級など合格できましたし、中国語を学べて良かったです。


スポンサードリンク

実は林さんをベトナムに誘っている

たまに林さんに「ベトナムに来られないですか?」なんて誘ったりしています。

僕自身は本当に何1つメリットを与えれないのに、厚かましくて申し訳ないのですが、個人的には本当に林さんにベトナムへお越しになって欲しいと思っています。

なぜ林さんじゃなきゃダメなのか?!

  • 論理的思考
  • 教育が資本主義だと知っている
  • 日本の貧困層を救える

まず何かをやる場合、論理的思考が大切だと考えております。

「東大に入りたきゃ塾に行くな」に書かれていた内容なのですが、塾代などの費用なども細かく計算されてて、高校3年間で物凄い金額が塾にかかっているとの事です。

なので結局は教育も資本主義という事ですし、やはり課金できる人達が強く、受験といっても経済力がモノを言うのですが

林さんの場合はその常識を覆し、塾に通わないで現役東大合格をする為の生活習慣や、マインド的な事なども紹介されてて物凄く論理的な方だと思います。

このブログでは、「貧困による進学問題を解決していく」と発信しています。

貧困による経済的な事が原因で、進学出来ない人達をどうにかしていく。

でも僕のような人間が進学問題を語るより、林さんのような最高学府の方が発信された方が影響力は全然違います。

そのような問題を解決していくのは、年間学費20万円のベトナムの大学だと考えており、個人的にはこの問題を林さんと一緒に解決していきたいと思っています。

ただ僕の一歩通行の想いですが笑


スポンサードリンク

論理的思考が本当に大切

何の為にやるのか?!

論理的思考の人の場合、「それを解決するにはどうするべきなのか?」「何でそれをやらなきゃいけないのか?!」「それをやる事によって何が生まれるのか?」

具体的に物事を考える事が出来ますし、貧困連鎖の原因と解決した後の結果をしっかりと考えながら

このような問題を解決していく事で、「我々にもベネフィットがある、ベネフィットがあるから頑張れる」と理解されてると思います。

自分の為に頑張れる

例えばコンサルタントだって、プロフィットがあるから真剣になれるのです。

プロフィットがなければ人の為に頑張ったりしないと思います。

自分が得れるプロフィットの為に、人の話を真剣に聴いて、その問題を解決していく、だから真剣に問題解決が出来ていくと思うのです。

感情論は無責任

例えば感情的な人などは、「誰かの為に」「可哀想な人がいるからー」って本当に善意の為に活動する人とは絶対に組めないです。

口では綺麗な事ばかり言って、具体的に解決策などを考えないですし、綺麗な事を言っている自分に酔いしれていると思うので。

僕が誰かと何かをする場合、超論理的思考の人と組んで、「この問題を解決すれば・・・」と理解して、行動出来ればと思います。

最後に

この記事では「東大に入りたきゃ塾に行くな!賢い大学生になるために」を中心に紹介をしてきましたが、林さんは他にも数冊本を出版されています。

東大に入りたきゃ塾に行くな!: 賢い大学生になるために

これから日本の未来を背負っていかれる方の本です。

アマゾンのポイントが振り込まれる予定なので、ポイントが入ってきたら

「だからアナタは「無能」なんです」を購入したいと思っています。

管理人

また更新します。

スポンサーリンク



業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事