僕がハノイ大学でベトナム語学科を専攻する理由
スポンサーリンク

どうもベトナム留学ドットコムの管理人をしております、コトです笑

僕は現在ハノイ大学に進学して言語学部ベトナム語学科に通っています。

今日は僕がなぜベトナムのハノイ大学でベトナム学部を選んだのか?って事や専攻について思っている事を率直に書いていきます

最初僕はIT学科を専攻しようと思っていました。

IT学科に行こうと思った理由

  1. 授業が全て英語
  2. プログラミングを得れる
  3. IELTSも取れる

ただ本当にお金がなくて言語学部にしました笑

毎月5千円だけIT学科の学費が高くて、その5千円を削ろうとして目先の損得のせいで、将来の大きな希望を失ったのかもしれませんが、プログラミングは独学でやれるかもという安易な気持ちでベトナム語学部にしました。

確認ベトナム語学科とは?!

ベトナム語学科とは、外国人を対象に学部が設置されているコースです。

ハノイ大学や、国家大学、ダナン外国語大学、ホーチミン人文社会大学などが設置しており、たくさんの外国人留学生が4年間学位を取る為に学んでいます。

ベトナム語学科について、詳しくはこちらをお読みください

結局プログラミングを未だに学習をしていません笑

ただベトナム語を専攻にした理由はいくつかあって、専攻についても色々と思う事が多々あり、それを今日の記事で説明していきます。

それと僕がベトナムの大学に進学した理由なのですが、一言で言えばお金がないからです笑

日本の大学に通うと学費が年間100万円、更に家賃、食費、交際費など含めると物凄い額になります。

2つ目の理由としては「人生の保険が欲しい」と思いました。

もちろんベトナムの大学に進学したところで、将来うまくいくのか?って事を考えた時は正直わかりませんし。むしろ不安しかありません笑

ただ現在は英語と中国語が話せますし、ベトナム語と大卒を得れたら、多少は何か変わるのかな?って言うような期待は少しはあります。

なのでこの記事では学部専攻や、なぜ僕が言語学部を選んだのか?僕なりに書いていきますので

気になる方は是非御覧ください

この記事で紹介する事
  1. なぜベトナム語学科なの?
  2. 時代の変化で大学で学ぶ時代は終わった
  3. 大卒は必要
  4. 時は金なり
  5. 最後に
スポンサーリンク

なぜベトナム語学科なの?

実は僕自身はぶっちゃけ大学で学びたい学問はないです笑

それにベトナム語学科は外国人に対して設置された学部なので、凄くノビノビと勉強が出来ます。

なのでベトナム語学科を選びました。

最初にも申し上げたように、プログラミングを専攻しようかな?とも考えましたが、金銭的にけちってしまい、かなり後悔はしています。

これからはテクノロジーの時代で、オフショア開発などでハノイに多くの日系IT企業が進出しているようなので、学部選びに悩んだら、やはりIT専攻が良いのかな?と思います。

なぜ大学で学ぶモノがないのかを説明しますと

僕は大学で勉強する内容って、社会に出てそんなに役に立たないと思っているからです。

例えばですが、経済学部や商業学部、国際関係学部、法律を勉強した多くの人が営業マンをやってたりしていて、法学部に進んだって弁護士のような専門的な仕事が出来る人は一部しかいないと思います。

なので極端な話ですが、経済学部や法学部などに在籍した多くの人達が、大学で学んだ事とは全く関係のない仕事をやっているので

素直な気持ちを言葉にした時に、「大学で学んだ事が社会に出て役にたつのか?!」って事を論理的に考えると、僕はあんまり役にたたないと思っています。

ただ学者や医者、弁護士とか証券マンなど、一部努力した方々は、特権階級となって、大学の専攻がしっかり仕事に直結している事も理解していますが、やはりパーセンテージの数字を見た時に、特権階級とか無理だから言語学部でいいやって感じに思いました。

時代の変化で大学で学ぶ時代は終わった

10年前ってスマホがそんなに普及していなかったですよね?

当時は今のようにネットもサクサク動かないし、Youtuberのような職業もなく、まだmixiを使っている人も多かった時代だと思います

20年前なんかネットすら普及してなくて、ウィキペディアとかもありませんでしたし、オンライン授業などもありませんでした。

なので20年前の学生達は本当に図書館などに行って、論文などを読まなきゃ知識を得られない時代でしたが

現代は情報社会でいくらでもネットで情報や知識をその場で検索ができますし

プログラミングにしても、語学にしても、歴史でも、多くの事がネット空間やオンライン授業などで学べる時代なので

大学に通って教授に質問なんかするよりも、Googleで検索した方が効率が良かったり、バイアスのかかっていない情報を一瞬にして調べる事も出来るので、大学に通って知識を得る時代は終わっていると僕は考えています。


スポンサードリンク

大卒は必要

今後一応僕なりの人生設計は明確に立ててはいますが、戸惑いこそ人生だと言うように、上手くいく保証はないので

人生の保険として「大卒」は取っておきたいと思いました。

下の写真は自分の実家の写真です

僕の実家から世界遺産が車で2分の場所にあります

写真を見て分かると思うのですが、僕の実家は物凄く大きいです。

この家は祖父が残してくれた家で、祖父は僕が幼少期から、「絶対に大学に行け、お前が大学に行く為にたくさんお金を残している」と口にしていました。

僕が小5くらいに祖父が他界して、その時から父親の口癖が「工業高校を卒業したら就職しろ」になり、最近祖父の資産を調べると両親が全て私利私欲の為に使い果たしていました。

一時は家に車が5台ありましたし、それはそれは畜生の両親です。

僕の毒親両親についてはこちらの記事

話を元に戻しますが、僕は英語は流暢に話せて、中国語も中国人とも問題なく会話が出来ます。

なので将来はこの日本式の家を海外の方向けに「ゲストハウス」としてオープンしたいと考えています

祖父が大東亜戦争から帰還されて、未来のために尽力を尽くしてくださり、このように我々未来の為に色々と残してくれて。

祖父の時代から実家の家以外にも、我が家系は田んぼや畑などの土地を色々と保有している為に、将来は僕自身も農業をやったり、海外の人に日本語を教えたり、日本人の人達に外国語を教えたりして収入を得たいとも考えています。

自分にある資産や能力が将来お金に変化していくと僕は信じています

なので自己投資にはお金や時間を惜しみません

ただ最初に申し上げた通り、計画が上手くいく保証はどこにもありません。

ゲストハウスの経営が上手くいかない、農業などやってみたがダメ、マルチリンガルを活かして語学教師をやってみても集客が出来ない可能性も十分あると思います。

成功があれば、失敗もあり、想定できるあらゆる事を想像しなければなりません。

もし僕が描く人生計画がことごとくダメだった時に

「計画失敗、高卒、能力なし、語学力も。。」となると、僕はまた底辺と呼ばれる層の場所に戻らなきゃなりません。

なので失敗した時の最悪を避ける為に、「大卒」「語学」「技術」などの人生の保険は、絶対に持っておくべきだと僕は思っています。

大卒がないと海外での就労ビザだってもらえない現実も強烈に直視しています

ただ僕は貧乏なので大学に投資できる資金はさほど残っていない為に、物価の安いベトナムの大学に入学して、将来ゲストハウスなどを運営したいと考えている為に言語学部に入学しました。

スポンサードリンク

時は金なり·お金で時間を

ベトナムの大学を選んだのは、正直金銭的ストレスを避けたいと考えたからです。

ただ頻繁に記事にも書いていますが、ベトナムの大学には中国人や欧米の留学生がたくさん在籍している為に、安い費用で色んな言語を学べると思っています。

それに【TIME IS MONEY】という、時は金なりという言葉があります

なので僕はお金で時間を買う作戦で、この記事の最初の方に書いたように、僕は大学で学ぶ事は、社会に出てあまり役にたたないと思ってる為に、それなら役にたちそうな語学やプログラミングを学ぼうと考えていました。

物価が安いベトナムで時間を買おう作戦です

アメリカやオーストラリアなどのような、誰もが憧れそうな大学に進学する時代は科学技術のおかげで終了したと僕は思っています。

欧米に進学した場合4年間で最低2千万円が必要だと言われています。

憧れなどで多くの人がオーストラリアなどの大学に進学などをしていますが、物価は高いですし、学費や生活費などを工面し賄う為に、自分の時間をアルバイトなどの労働に費やして、賃金対価を得なきゃいけないので

それなら物価の安いベトナムで「時間を買い」、その分色んな事をオンライン授業で学んだ方が合理的だよね?と僕は思います。

現在僕は物価が安いベトナムで時給1100円で日本語教師もしています。時給は日本の地方より良いですし、出て行く支出が少ないので、金銭的ストレスがなく、本当に楽しく勉強に専念できています。

ベトナムでは基本的に労働をしなくていいので、有限の時間を有効活用して、様々な知識を自分の頭の中に入れ込む時間に充てています。なので基本的に無駄な人間関係を築いてなくて、友達も少数です。

多くの方が「え?ベトナム?」と考えるかもしれませんが

僕の目線は常に上にあり「TOEIC900点台」「HSK6級」「プログラミングスキル」「ベトナム語上級

これらの能力は数字は絶対に取ろうと思います。

時間はお金と同じくらい大切なので、未来の為に今日を生きる感覚で、ベトナムに正規留学している時間の多くを知識を詰め込む時間にしていきます。

それらの知識や能力が、僕自身の未来へと繋がっていき、自分自身の繁栄にも繋がり、次の世代に色んな投資もしていきたいです。

未来はどうなるのか分かりませんが、「失敗の反対は挑戦しない事」ですので

前だけを見つめて進んでいきます。

また更新しますのでよろしくお願いします。



スポンサーリンク
業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事