スポンサーリンク

管理人
皆さんこんにちは。コトです。

ベトナムに入国してから既に4日が経ち、2日目にアパートを契約して、実際にベトナムの首都ハノイで生活をしております。

なので、今日は「ハノイで1万円台の格安アパートを借りて実際に住んでみた」という記事を書いていきたいと思います。

私は8月29日に日本を離れて、日本からフェリーで韓国に渡って、ハノイに辿り着いたのですが、現在は雨季のせいか、到着した日は大雨が物凄かったです。

ハノイ到着した日は空港から86番のバスに乗り込み、ハノイ市内に向かい、両替をする為に旧市街を目指しました。

ただ大量の荷物を運ぶ中、大雨にうたれて心が折れてしまい、初日目はホテルに宿泊をしました

僕がハノイで宿泊したホテル serenity villa hotel

ハノイ初日目はこちらのSerenity Villa hotelに宿泊しました

料金はなんと3000円です

領収書はこちら

しかしこの記事を読まれている皆様は、アパートの事が気になっていると思いますので、そちらを紹介していきます

スポンサーリンク

ハノイのアパートは1万円台で上等なアパートに住める?!

この記事で紹介する事
  • 1万円台のアパートってどう?
  • どうやって契約したの?!
  • 契約期間と違約金について

まず最初に、私が借りた部屋の写真を紹介していきます

家賃は毎月1万4千円です

ベット
個室のトイレバスルーム

1万4千円にしては上出来な部屋なのかな?と個人的には感じております。

やっぱりプライベート空間が欲しかったですし、そんなに外にでるつもりはなくて

私は自分が通う大学から、徒歩3分の場所にアパートを借りました。

私自身は移動が嫌いですし、自分の性格上あまり友達も増えないと予想していますので、大学ーカフェー自室のトライアングルで毎日を過ごしていきたいと考えております。

実際に住み心地はどうなの?!

今の所なんの不便もなく生活ができています。WiFiもしっかりしていて、トイレも綺麗、シャワーも暖かいお湯が出るので、文句の付け所はありません。

強いていうならば、大家が「大阪のおばちゃんみたい」に声が大きくて、時々「ビク」ってします笑

現在はロシア人女性もこのアパートに住んでおり、結構お勧めなのでオーストラリア人の友人にも紹介しました。なのでオーストラリア人の友人も、ここに滞在する事になるかもしれません


冷蔵庫やファンなども個室に用意されて、屋上には洗濯機や飲み水の設置もしてあります
スポンサーリンク

どうやってアパートを借りたのか?!

ハノイ大学のベトナム人が僕がハノイに来る前に探してくれていました。

写真を見たら綺麗でしたし、そこでいいよーーって感じで決めたのですが

最初に大家に会った時はビビりました。

THE 大阪のおばちゃん」みたいで、俗に言う派手で声が大きな大家で、お金にはめちゃくちゃシビアでした。

家賃の支払いは?!

契約書を書く際に、家賃は半年分を、一括払いと100万ドンの補償金を取られました。

ちなみに契約は1年契約で、最初に半年分を支払う事になり、もし半年で出て行くなら、100万ドンの補償金は手元に戻ってきません。

なので家と合わなかった場合のリスクも想定されます

家賃1万4千円は高いのか?!

この値段はベトナム人の感覚からすると高いように思います

毎日物凄く協力的なベトナム人の母親の月給が1万5千円と言っていました。そのように考えると1万4千円の部屋はベトナム人にとって少し高いのかもしれません。

しかし我々日本人にとっては、物凄く安く感じます。

本当にありがたいです

最後に

私自身は社交的ではなく、友好関係とかあまり作りたくない感じの人間ですので、プライベート確保の為にも絶対にアパートを借りようと決めておりました

ただ色んな人達と交流したり、ワイワイしたい方は、寮に泊まるのが良いのかもしれません

また更新します。

スポンサーリンク



業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事