スポンサーリンク

管理人
皆さんお久しぶりです。管理人のコトです

いやーー無事に1年次が終わりました。

2018年の9月5日がハノイ大学の入学式だったのですが、本当にあっという間に1年次が終了しました。

私はベトナムのハノイ大学に進学するという、ちょっと変わった選択をしたのですが、この選択が良いのか悪いのかは未来の結果論が決めてくれると思います。

このブログも入学前から書いており、おかげさまで10ヶ月が経ちました。

今では月間3万PVを越す事もあり、ベトナム留学ドットコムが日に日に大きくなっている感じがあります。

そこで今回は、1年次が終了したという事で、入学前の事から、入学後、前期、後期と私自身の1年間を振り返っていきたいと思います。今後ベトナム留学に行かれたい方の参考になれればと思います。

気になる方は是非お読みください。

この記事で紹介する事
  1. ベトナム留学の入学前の勉強や大学見学
  2. 入学式と前期の始まり
  3. 後期の始まりとアルバイト
  4. 1年間を振り返って
  5. 最後に
スポンサーリンク

ベトナム留学の入学前の勉強や大学見学

このブログでも何度か書いた事があるのですが、私はもともと台湾の大学に進学しようと考えておりました。

なので私はずっと中国語を勉強していたのですが、現在台湾の大学に進学する方が物凄く多くて、その競争社会に入るより

競争を避けて、競争のない場所で努力をした方が良いと考えて、ベトナムの大学に進学をしました。

上の写真を見て分かると思いますが、7月10日に台湾の大学に断りを入れて、ハノイ大学に入学する意志を伝えています。

なのでベトナム留学を決意したのは、入学直前の2ヶ月前でした。

入学前の勉強と反省点など

私がベトナム語の勉強を始めたのは、2018年の4月です。

最初からベトナム語のオンラインスクールに申し込みをして、1日25分だけ勉強をしていました。ただ中国語に力を入れていた為に、7月あたりまでベトナム語に力を入れていない為に、入学後に物凄く苦労をしました。

入学前は主に文法の勉強や単語を覚えたりして、全然たいした勉強はしていません。

入学前に全然勉強をしていない為に、入学後が大変だったので、本当に3月あたりからベトナム語に力を入れるべきだったと後悔しています。

大学見学にも行ってみた

2018年の6月に、1度だけ日本からベトナムにやって来て大学見学をしました。

大学見学をした理由に関してですが、台湾の大学に行くか、ベトナムの大学に行くかで悩んでいた為に、気持ちを整理する為に大学見学をしたのですが

結果的に大学見学をして良かったです。

人生の大きな決断となった為に、後々を考えて、本当に大学見学をして正解だと思います。

大学見学の記事はこちら


スポンサードリンク

入学式と前期の始まり

私がベトナムに入国したのは、2018年の8月27日です。

ネット上で知り合ったベトナム人に、アパートを探す手続きをしてもらったり、色々と助けてもらい、9月5日の入学式まで毎日カフェでベトナム語を勉強していました。

入学式は暑くて、すぐに家に戻ったのですが、オリエンテーションは面白く、色んな国籍の学生に出会えて、とても興奮したのを今でも覚えています。

オリエンテーションの様子はこちら
前期の始まりと挫折

先ほども書きましたが、私は全然ベトナム語を勉強せずに大学に入学をしました。

確認ベトナム語を勉強しなかった理由とは?!

  1. 英語で授業だと説明を受けた
  2. ゼロからのスタートだと説明された

入学前に授業は英語で説明されると聞いていましたし、皆ゼロからのスタートだから心配しなくて良いと説明を受けていました。

なので、私自身も物凄く余裕をかまして入学をしたのですが

入学後に地獄が待っていました。

授業は全てベトナム語だった

まず最初に、大学側から英語で授業を行うと説明を受けていたのですが、教科書は英語の説明が一切書かれておらず、全てベトナム語でした。

そして先生も95%はベトナム語しか話さず、文法の説明から何までベトナム語しか話さない為に、私にとって想定外の厳しい出だしとなりました。

もう理解できないまま授業が進んで行き、悪循環となって、時間だけが過ぎ去って行きました。

周りもベトナム語学習歴1年以上

次に想定外だったのが、周りの学生達の多くがベトナムで1年以上ベトナム語を学習している人達ばかりという事でした。

周りは既に物凄い高いレベルのベトナム語の能力を有しており、私との差は物凄く、入学直後に物凄く地獄を味わったのを今でも覚えています。

この出来ないまま前期を過ごす事になったのですが、本当に大変でした。

もしアナタが今後ベトナム留学を考えているのなら、絶対にベトナム語を1年以上勉強して入学するべきだと思います。

前期を振り返って


スポンサードリンク

後期の始まりとアルバイト

後期は授業内容が本当に難しく、本当について行くのが大変でした。

なので毎日家庭教師と授業の予習をしていたのですが、大学の授業の内容は、日常では一切使用しないモノばかりで、モチベーションの維持が大変でした。

本当に授業が詰まらなくて、頭に入っていないモノばかりです。

あまりの難しからか、多くの学生が、試験でカンニングをするようにもなりました。優秀な学生達でさへ、授業の質が良くないと不満を述べていました。

個人的にも、前期と同様に本当について行くのが大変でした。

アルバイトを始めた

私自身にとって大きな変化となったのが、後期が始まると同時に始めた、技能実習生の送り出し機関でのアルバイトでした。

現在日本には多くの技能実習生が働きに来ており、そのような方々と携われる事は人生に多くなプラスとなると思いますし、時給1250円で働かせて頂き、金銭的に余裕が出始めて、交流の場が広がっていったと思います。

良いときで月収8万円を超えて、金銭的な部分で精神的にゆとりが生まれていきました。

ハノイでアルバイトを見つける事は比較的に簡単な為に、気になる方はお読みください


スポンサードリンク

1年間を振り返って

改めて1年間を振り返ってみて、1言で言いますと、不思議です。

本当にあっという間の1年間でしたし、私自身どの程度ベトナム語が上達したのかは分かりません。

ただ少なからず、たくさんのベトナム人と携われる事が出来ましたし、様々な事を学べました。それに日本語教師などの貴重な経験もさせて頂いており、本当に感謝はたくさんあります。

勉強面は不完全燃焼です。

しかし大学生活も残り3年間も残っていますし、今後も様々な経験が出来ると思うと、期待の方が大きいです。

このブログももうすぐ1年目を迎えます。なのでこのブログも、私自身もどんどん成長していければと思います。

最後に

このブログは、ベトナム語初心者の私が実際にベトナムの大学に入学をしてみて、感じた事などありのままに書いています。

物凄く初心者の私目線の内容となる為に、ベトナム語中級者や上級者の方向けではないと思います。

ただ入学前から、ありのままに記事を書いている為に、今後少しでも皆様の参考になれればと思います。

2年目もたくさん成長をして行きますので、今後とも皆様よろしくお願い致します。

今日はここで失礼します。

スポンサーリンク



業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事