スポンサーリンク

管理人
どうも年間学費が20万円の大学に進学をしております管理人です

最近のハノイの空気が悪くなっており、物凄く鼻詰まりや喉のイガイガを感じます。

話はさておき、今日の内容なのですが留学を決定する際に、大学の下見的な見学はした方が良いのか?という内容を書いていきます

留学を決める前に大学見学するべきかについて、僕なりの考え方などをシェアしていきます。

僕は9月にベトナムの大学に進学をしたのですが、実は6月に1日だけベトナムのハノイにまでやって来て、大学見学をしました。

上の写真を見たら分かると思うのですが、6月27日の夜に到着して、6月28日の夜の飛行機で日本に帰りました。

何で1日だけベトナムにやって来たのか?!

本当に記憶がないのですが、「6月30日が台湾かベトナムの入学申請の締め切りでした

6月27日の時点では2つの選択肢がありました、1つは台湾の名門大学、もう1つはベトナムの名門大学

どうしよう、どうしよう、どうしよう、どうしようと物凄く悩みました。

なので6月25日に台湾行きの航空券を予約して、2日だけ台湾に行って大学見学をして、すぐにベトナムに飛んで、1日だけ大学を見学をしました。

そこで今日の記事では僕自身が大学見学をしてみて、個人的に良かった事や感じた事などを、ありのままに書いていきたいと思います。

気になる方は御覧ください

この記事で紹介する事
  1. 結局2つの大学見学をしてどうだった?!
  2. なぜベトナムなの?!
  3. 結局大学見学はするべきなの?
  4. 最後に
スポンサーリンク

結局2つの大学見学をしてどうだった?!

先に結論を申し上げますと、台湾は最高でした。

台湾の大学見学

合格した大学の教授方に物凄く良くしていただき、本当に感謝しかありません。本当に多くの日本人の方々が台湾が好きと言って留学をしている理由が本当に分かる気がしました。

僕自身が18歳とかでしたら、喜んで台湾に留学をしたと思います。

おもてなし、発展度、全てに置いて台湾は素敵な留学先だと思いました。

ベトナムはどうだった?

酷いの一言しかありませんでした笑

何なんですかね?あの無愛想のおもてなし?

別におもてなしなどは期待していないですが、対応が本当に酷いと感じました。

本当にふざけているとしか言えないくらい、無愛想に接されて「何か用事がある?」くらいの態度で接してくるポンコツだったので、台湾の大学と比較したら、それはそれは酷いしか言葉がありませんでした。

何でベトナムの大学に進学をしたんですかね僕は?!笑


スポンサードリンク

なぜベトナムなの?!

何でベトナムなのか?!

実ははっきりとは答えが分からないです。

ただ僕自身の感性がベトナムに行きたがりました。ただ論理的に説明が出来なくて、「これから成長をしていく期待値に投資をしたい」と感じたからだと思います。

まだない未来へと投資をしたい、純粋にそのように感じました。

その時感じた事は、「大事なのは台湾というブランドではなく、未来」だという事です。

台湾とベトナムの未来の比較
  • 台湾は発展して経済が停滞しているが、ベトナムは経済がどんどん成長しています
  • 台湾の人口2200万、ベトナムの人口9千万人
  • ベトナムはTPPに加入して、マクロ経済での繋がりと、外国人実習生がどんどん日本へやって来ている。
  • 外交や地政学的に台湾は中国との問題があり不安定、ベトナムは南シナ海問題でとても大切

このように少し論理的に考えても台湾は物凄く危険だなと感じて、逆にベトナムは美味しいなとも感じました。

それに多くの台湾人と会話をして思うのが、台湾人達は政治的な理由などから台湾の未来に希望を持てておらず、台湾人が希望を持てない場所に留学してどうなのかな?とも少し思いました。

結局大学見学はするべきなの?

僕はするべきだと思いますね

  • イメージが湧く
  • 情報が手に入る
  • モチベーションが上がる

4年間の時間とお金を投資することになりますので、何も分からないまま留学をするよりも、しっかりとイメージをして、準備をする事でモチベーション向上にも繋がると思います。

スポンサードリンク

大学見学をして良かった事について

現地の学生達と交流が出来ました。

そしてどんな国際留学生が在籍しているのかを知るのにも物凄く役に立ちました。

僕はベトナムの大学に進学をしましたが、英語や中国語の学習者でもあります。なので留学を決断する意思決定を行う前に、大学見学をした事によって、多くの中国人が在籍している事を知れて本当に良かったです。

このような情報を知れた事で、明確な意思決定を行う事が出来たともいます。

留学の概念も変わっていった

見学した際に、留学に対する概念が変わったのも事実です

留学=投資=未来と常々から口にしておりますが

大学見学の際に出会った韓国人や中国人達は、[今後開発が進む国へ留学する事は必要、だからベトナム留学は必要な投資だ]という風に言っていました。

多くの日本人が英語に憧れてるとか、台湾が好きだからというような理由で留学をしていますが、韓国や中国の学生は未来の為に留学をする。マクロ経済がどのように動いていくのかをイメージして留学をする。

未来の為に今日を生きる思考をしていたので、驚きをもって受け止めました。

このような考え方を日本人は学んでも良いのでは?とも思いましたし、ベトナム人の担当者はポンコツばかりでしたが、このような意識の高い学生達と共に歩んでいきたいと思って、留学先をベトナムに決めたのかも知れません。

最後に

皆さん如何だったでしょうか?!

あまり参考になる内容ではありませんが、留学を行く決断をする前に色んなヒントを手に出来ると思います。

僕の場合は台湾とベトナムを比較する事が出来ましたし、今後のマクロ経済がどのように進んでいくのか?!深く考える事も出来ました。

色んな情報も手に入り、モチベーションも上がりますので、本当に留学前に1度大学見学をして良かったなと思います。

まあ航空券代や宿代はかかりますが、人生100年の時代で、これからもずっと続いていく未来ですので、小さなお金を削るべきではないと思います。

また更新しますので、よろしくお願い致します。

スポンサーリンク



業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事