ベトナム留学の学費や費用・メリットやデメリットを知ろう
スポンサーリンク

管理人
どうもベトナムのハノイの大学に進学中の管理人です

【ベトナム留学に行きたいけど、オススメなのかな?!】

【ベトナム留学のメリットやデメリットを知りたいな!?】と思い、この記事に辿り着いていませんか?!

この記事を読まれている方は、少なからずベトナム留学に興味をお持ちだと思います。

そこで、今日の記事では、【ベトナム留学のメリットとデメリット】について紹介したいと思います。

ベトナム留学での生活が1年以上経ったので、今現在僕自身が感じているベトナム留学のメリットとデメリットを書いていきます。

是非御覧ください

スポンサーリンク

ベトナム留学で感じるメリット

ベトナム留学のメリットは?

  • 日本人としてのステータス
  • 物価や学費が安い
  • 多言語を学ぶ事が可能
  • 学位を取れる

日本人としてのステータス

まずベトナムに留学した際に最大限に活用できるのが、日本人としてのブランド力になります。

現在ベトナムでは日本語学習者が増えており、日本人というだけでとても好印象を持ってもらえます。

正規留学はフルマラソンだと思っており、最初の方は飛ばすのはやめようと思って、出会いなどは極力避けていました。

しかし最近は、スピーキングが伸びないと焦り始めて、SNSなどで日本語学習者のベトナム人に連絡をしまくりました。

昨日、今日、明日とそれぞれの日本語学習者のベトナム人と直接会って勉強しています。

なので、その気になれば一瞬でたくさんの友達を作れるのが、日本人というブランド力だと感じます。

良くも悪くも日本人というステータスが働くのは紛れもない事実です。

物価や学費が安い

  • 物価

前回の記事では「ハノイで生活した場合1ヶ月間の生活費はいくらくらい必要なのか?」という記事を書きましたが、結論を言いますと、アパートを借りて、1日3食外食をした場合でも、毎月5万円〜6万円で生活が出来ます。

生活費など物価が安い為に、金銭的ストレスがない事は絶対にメリットだと思います。

  • 学費

年間学費は約20万円程度です。

ベトナムは入学金も格安で、年間学費も物凄く安いです。

たとえ学校を辞めるとかになっても、そんなに損害はないので物凄くお勧めです。

実際に僕が支払った学費等

1年目は学費+入学金+保険代を支払い2270$でした。

生活費などの物価も学費も安いベトナムで、様々な言語を学べるのは素敵ですよね♩

留学中にベトナム語以外の多言語を学ぶ事が可能

この多言語を学べるのかは大学によって異なると思うのですが、僕が在籍しているハノイ大学には、物凄く多くの国際留学生が在籍しています。

僕自身は英語と中国語も学習してきた為に、英語と中国語環境がたくさんあるので、物凄くありがたいと感じます。

人によっては、スーパー・チートのマルチリンガルになれるのでは?と思っております。

学位を取れる


これは学部生なので当然ですよね。立派に大学卒業の学位を貰えます。

ここだけの話、大学の最難関試験を突破した場合は最短1年で大卒を貰えます。

受験勉強をするつもりでベトナムで一生懸命勉強したら、最短で大卒の学位を貰えるかもしれません。

スポンサーリンク

デメリットはなに?

留学には良い事ばかりではありません。何かしらの犠牲を厭わなければいけない場合もあります。

次は、ベトナム留学のデメリットも紹介していきます

ベトナム留学のデメリットは?

  • 空気が汚い
  • 学校職員やシステムが良い加減
  • 場合によっては時間とお金の無駄になる

空気が汚い

写真を見て分かる通り、ベトナムの空気は物凄く汚いのです。

特にベトナムの首都のハノイの空気は別格に汚れており、北京に勝るとも劣らないくらい空気が汚染されています。

空気の汚さが1つの原因として、僕は外出を控えております。

この大気汚染は確実にデメリットの1つでしょう

学校職員やシステムが良い加減

この件に関してはベトナム・あるあるの1つです

授業の引き継ぎなど良い加減ですし、システムも良い加減です。

例えばレベル分けテストがなく、入学者全員が同じクラスで授業であったりと、もう少し配慮して欲しいです。

例えば1クラス30人くらいいて、個々にレベルがバラバラで授業に魅力を感じないのも事実です。

オフィスの人も、学生達の管理をうまく行えてません。

場合によっては時間とお金の無駄になる

これは先ほどの話と同じなのですが、僕は正規留学なのでクラス分けなど仕方がないと思いますが、

交換留学生や個人での語学留学の人達も、レベル分けなどなく、1つの同じクラスにぶち込まれると聴きました。

レベルが違う人達と大人数での授業で、レベルも個々に違う為に人によっては難しすぎたり、簡単すぎたりして、学校に満足が出来ないまま時間とお金を浪費してしまう恐れがあります。

もし語学留学に行かれる方は、家庭教師と勉強した方が良いのかな?と思ったりもします。

スポンサーリンク

留学前にしておくべき事は?

留学前に考えておくべき事

  • 英語の学習
  • ベトナム語をある程度出来る状態にしておく事

英語の学習

この件に関しては僕の独断と偏見も入っているかもしれませんが、語学留学をする場合の話をしていきます。

絶対に英語の勉強をしておいた方が良いと思います。なぜなら多国籍の国際留学生が多く、多くの場面で英語を使用します。

授業でも英語を多く使用します。

なので、ある程度英語があった方が楽しめると思いますし、授業の理解度も深まると個人的には思います。

ベトナム語をある程度出来る状態にしておく事

ベトナム語を留学先でゼロの状態から学ぶ事は自殺行為になります。

これだけは本当にお金と時間の無駄になります。

周りの学生達のほとんどがベトナム語を学んで来ており、オマケに授業の進行速度が物凄く速いです

どのくらい進行速いのかと言うと

授業が始まり1ヶ月でこのレベルにまで来ています。

簡単な内容なのですが、ゼロから始めて1ヶ月でこの文章を読解するのは物凄く大変な事だと思います。

なので日常会話やある程度の読解が理解できるレベルに達してから、語学留学をするのが良いのかな?と現在留学してて感じます。

僕自身もベトナム語の能力の低さに物凄く苦労しています。


スポンサードリンク

個人的な今後の抱負

以前は極力出会いを避けていましたが、最近になり色んな人達と会うようになりました。

理由は人に会わないとスピーキングやリスニングが上達しないと判断したためです。

SNSでレベルの高い日本語学習者と知り合い、よくリアルでも会っています。

語学を上達させるには日本語レベルの高いベトナム人と知り合い、遊んだり相互学習したりするのが良いと感じて、週4〜5はカフェで会って勉強をするようにしています。

閉じこもっていても上達しないので、自分にとって必要な人達とは今後どんどん会います。

もちろん相互学習は GIVE AND TAKE でないと思いますので、僕自身もしっかりと日本語を教えれるように努力しますし、コーヒー代や食事代は僕が負担しています。

なので今後はどんどんベトナム人のレベルの高い日本語学習者達と、どんどん会って、自分自身の能力向上に努めていきます。

クラスで成績が下位なので、人の2倍は勉強します。

最後にまとめ

留学のメリット

  • 日本人としてのステータスがあり好印象を持ってもらいやすい
  • 物価や学費が安い為に金銭的ストレスを避ける事ができる
  • 色んな留学生がいて多言語を学ぶ事が可能
  • 大卒の学位を取れる

留学のデメリット

  • ベトナムの空気が汚い
  • 学校職員や学校のシステムが良い加減
  • 場合によっては時間とお金の無駄になる

今日は、【ベトナム留学の学費や費用・メリットやデメリットを知ろう】というタイトルで、僕が感じているメリットやデメリットを書いてみました。

僕の場合は大学に4年間通いますので、語学留学の方々とはまた違うかもしれません。

今後とも、ベトナム留学に関する情報を更新していきますので、今後とも何卒よろしくお願い致します。



スポンサーリンク
業界最安値の価格でベトナム語を学びませんか?!

アナタもベトナム人講師とベトナム語を学んでみませんか?!

リスタート・ゼロは業界最安値の価格でベトナム語のレッスンを提供しています

日越をもっと盛り上げていきたいという熱い想いで、現在私が通っているハノイ大学の大学生達と、オンラインベトナム語教室を立ち上げました。当然、業界最安値で授業を提供していきますが、講師全員がN2以上の日本語レベルを保有しており、品質も他者に勝るとも劣らないモノを提供しております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事